北海道出張クライアント募集開始!

今年も7月半ばから9月初旬まで、北海道(道東・中標津)へ出張します。

2013H-Worktrip

ハガキちらし茶大標津

期間中、総数70セッションくらいを予定していますが、昨年からお待ちくださっている方や10セッション終えられた方のメンテナンス希望ですでに半数位ご予約いただいています。ご興味のある方やご紹介くださる方はお早目のご連絡お待ちしています。
しかも、4月末までにご予約でロルフ博士の「Gravity」がもらえてしまう!(笑)

しかしながら、道東はいいところです。
昨年の出張中、北海道をいろいろ回る機会もありましたが道東は山も海も素晴らしい。広いだけあって北海道の中でも場所によって森、川、海それぞれ全く違った表情、植生ですが、道東のそれはぼくの好みでした。
良い出会いがありひとにも恵まれ、長期出張は体力的にも経済的にも厳しいのですが、また行こうと思える昨年の出張でした。

道東は日本一の酪農地帯で、牛飼いさんの話もたくさん聞くことができたのですが、牛にも当たり前のようにストレスがあり、飼育環境はその健康状態、ひいては乳や肉の質にも大きな影響を与えるそうです。放牧地の広さが決まっているのならば、牛にとって適切な飼育頭数があり、多すぎる(過密)なのはストレスが大きくなるのだそうです。
人も同じでぼくのように地方の生活に慣れた人間が東京へ行くと、人の近さに苦しいわ歩きにくいわで疲れてしまうのも同じですね。その環境でたくさんの人が生活しているのは、人としての順応力、適応力の表れでもあるのですが、感覚器の場合は特に、裏を返すと麻痺ということでもあります。ある適応力を発揮するということは、多くの場合、ある人としての(あるいは動物としての)能力のシャットダウン、トレードオフだということも自覚しておく必要があります。

ずいぶん話が変わってきましたが、つまるところ雰囲気や好みの環境か否かは別としても、道東の広大さと豊富な森林、汚染されていない川と海は人の生活環境としては(まして放射線物質が毎日何メガベクレルも飛散し続けている中で)なかなか贅沢なものだということを言いたかったのでした。

 

では、また

++++++++++++++++++++
Structural Integration
GSI公認プラクティショナー
大塚 由洋

otsuka@yoshihiro-otsuka.com
www.yoshihiro-otsuka.com
愛知県安城市住吉町6-1-2
TEL/FAX 0566-96-0478
++++++++++++++++++++

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>