体験者の声

※体験者の方からお寄せいただいた声を順次追加していきます。S.I.のセッションは2つとして同じものはありません。原文のまま、あくまで個人の体験として掲載していきます。

SIは「ただセッションを受ければ、肩こり、腰痛、頭痛から開放されます!」という単純なものではない。もちろん、1回受けただけでも、呼吸が深くなり、体が軽く感じられるのは、私がすでに体験済みだ。
体が一番楽になるポジションの知識、それを得るだけでも価値がある。しかし、さらに肝心なのは、10からなるセッションを通して、自分の体と対話する方法を学んでいくことである。自ら積極的に参加することで、もっともバランスのとれた開放された状態を、徐々に発見していくという楽しさがあるのだ!
痛くないか、って?私の場合は、「イタ気持ちいい~」という感じで、もんどりうつことも、寝てしまうこともなかった。自分では気づいていない癖も、師がみればイッパツでわかる。(左膝と右肩が、癖があったり、力んでいるみたい。)
リラックスして、背も高くなった気がしている。

こころ、あたま、からだの開放。エネルギーの流れ込んでくる感じ。魂の家である、「からだ」を感じてみることをここにお勧めする。

(施術期間 08年3月~6月 30代男性 教師)

 

現在、自動車組立の製造ラインに勤めていますが、昨年から体のキレの悪さを痛切に感じ、一度 体のオーバーホールを徹底的にしてみたいと思い S.I.を受けることにしました。S.I.には10セッションという体全体のメンテナンスにふさわしい体系化されたプログラムが用意されているのがとても よいと思いました。

セッションを受けてみてまず感じたのが、体の緊張した部分を緩める方法がとてもユニークだったことです。プラクティショナーが手や肘を使って肌に圧をか けながらクライアントの呼吸や動作との協同作業で行います。それは今までに体験した整体、マッサージによるものとは違い まるで何かのタイミングを待ちながら徐々に体の奥の方へ分け入って働きかけていくかのようでした。

次にセッションの内容では、4回目の骨盤の底部と内転筋のときに強烈な印象がありました。体にとても強い刺激が与えられたようで、翌日ま で体のバランスの不安定感と重だるさが残っていました。しかし、そのような反応には さらに良くなるために必要な好転反応であると肯定的に受け止めることが出来ました。大塚さんによれば、この部位は体の深層につながるところで、人によって は感情面にまで影響を及ぼすほど大きな変化を与えるセッションだそうです。
もうひとつは7回目の首から頭部です。ここは鼻の穴や口の中へアプローチするので開始当初はいやな痛みでも出そうであまり気の進まない気持ちで受けてい ましたが、上あごの奥のところへ来た時に突然首の内側から緩んでいくのがはっきりと分かり、大変驚いてしまいました。日頃よく首のコリを気にしているの で、リラックスした首の状態を体験できてとても嬉しくなりました。
また、10年ほど前に手術をして以来、ずっと突っ張り感があり、整体にしばしば通っても曲がるようにならなかった膝が知らないうちに良くなっていたのも大きな収穫です。

最後に、このS.I.体験で学んだことは、今まで自分の癖に気づかないままいかにムダな力で身体を使ってきたかという悪さ加減を具体的に 認識できたということと同時に 良い方向へ向かうためのゴールも明確にされた事です。セッション終了後も残っている課題がまだいくつかありますが、今はS.I.によって体が効率の良い快 適な動きを発揮する状態にリセットされていますから、まだまだ自分の可能性を信じて少しずつでも変化していけそうな希望が持てています。

(施術期間 08年5月~8月 50代男性 会社員)

 

わたしは39歳の女性です。
現在は10回の施術を終え、自宅でエクササイズを行っています。

こちらに通うきっかけとなったのは、ポストに入っていた小さなチラシでした。
それまでの自分は、過度な仕事で体調を崩し、時には立ち上がれない状態になっていました。そして何年も不調を抱えていたため首の痛みは慢性的になり、半 ばあきらめ、それと付き合いながら過ごしていたとき。何となくチラシの内容が気になり、おそるおそる電話をすると、大塚さんは「とりあえず聞いてから決め て下さい」と穏やかな口調で、リラックスして向かいました。
そして「現代は病気の人か健康な人かだけの括りで、不調の(病院に行くほどではないが調子が悪い)人に対する考え方が少ない」「ダイエットもいいけれ ど、体が歪んだ状態でトレーニングしてしまうと余計に体を壊す可能性がある」という話で、未病に対する考え方は新しいと思い、受けることを決めました。

そして初めてのセッションが終わったとき、驚きました。
完全では無いけれど、5年以上悩まされていた首が軽くなっていたのです。それは今までは無理な体勢をし、筋膜に歪みが生じていたのだから、正しい位置に戻せば痛みが軽くなるのは当たり前のこと、言われてみれば当然のことでした。
その後も回を重ねる度に体が軽くなり、今では5~6時間のウォーキングも楽しくて仕方がない状態です。

私もそうであるように、人にはそれぞれタイミングがあり、不調と付き合いながらも生活をしている方が多いと思います。けれども過去の自分はその不調があるため、関係の無い人にまで辛くあたることもありました。そして必ず、後悔。
内臓の病気や骨折したときは病院に行くのに、慢性的な不調は根本から治そうとしない、ということはよくあると思います。私の友人も必ずと言っていいほど 何か不調をかかえています。そんな中でも時間も、きっかけも、それに費やすお金も難しいと考えるのが普通なのかもしれません。でも私自身は、正しい体の使 い方を知り、快適な生活ができる今は、このタイミングで知ることができて本当に良かったと感じています。
『自分の体に自信が持てる』そして周りの人たちと、より良い関係を続けていけるようになったことが、自分にとって一番の収穫でした。そしてポスティングをして下さった友人の方、もちろん大塚さんも、電話をした自分にも今では感謝しています。

(施術期間 09年9月~11月 39歳 岡田明子)

 

→海外の声はこちら

…Dedicated to the teaching of Dr. Ida P. Rolf