カテゴリー別アーカイブ: メディア

ロルフィング/メディア掲載/Barefoot

年の瀬なので、今年ストラクチュラル・インテグレーションが
マスメディアに取り上げられたものを集めてみました。
まだいくつかあった気がするのですが、憶えているものだけ。

これは最近の記事で11月16日付。
usatodayhealthUSATODAYの記事
こちらは「New York Times」紙の10月6日付。
nytlogoNew York Timesの記事

アメリカでメジャーな情報番組(かな?)「the Today Show」でも紹介されました。
このときに出演したのは、上記のNYTの写真の方と、
Rolfing界では重鎮的存在のJan Sultanです。

古くから統合医療に取り組む医師として、
日本でも「ナチュラル・メディスン」や「癒す心・治る力」などがロングセラーになっている
アンドルー・ワイル博士のロルフィング推奨記事も今年1月に記事が出ていました。
Andrew weil博士の推奨記事

しかし、今年は急にメディアに取り上げられることが多くなったなあ、
と思ってみていたのですが、考えてみると、
Barefoot Runningのムーブメントも影響しているのかもしれません。

今年の1月に発表された、ハーバード大学のLieberman教授の論文以降、
かかとで着地しない走法が一部のランナーの間で盛り上がりを見せています。

細々と信仰者?を増やしてきたBarefoot(=Forefoot)Runningですが、
ここに来て有名大学の教授から後押ししてもらった形。
ランニングシューズメーカーにとっては一大事で、
オーバープロネーションなどランニング障害の数々が
かかとを保護したりアーチをサポートするシューズにあるという結果が示されました。

ランニングシューズなど履かずに、裸足(Barefoot)で走れ、と。
まあ、いきなり裸足は無理ですが、徐々につま先着地へフォームを移行していくことは、
長距離を走るランナーや、生涯、長くランニングを楽しみたいランナーにとっては
十分価値のあることです。

そのためには、
厚くクッション性能に優れ、アーチがサポートされたいまどきのハイテクランニングシューズ
ではなく、なるべく薄く柔らかで、平らなソールのシューズが適しています。

裸足感覚を謳った、ナイキのフリーなんてのもありますが、
あれはまたちょっと違うんですけれどもね。

人が運動をする時にどんな動きが自然で、身体に負担をかけないのか。
ロルフィングにはずっと当たり前だった考え方が、ランニングの分野から注目され始め、
身体構造のあり方、機能性などに関心を持つ方が増えてきたのかな、と思います。

日本でも「Tarzan」や、誌名は忘れましたが女性誌に取り上げられたりしました。
が、海外の紹介に比べて、まだまだ扱いは小さいですね。
近年、国内のストラクチュラル・インテグレーションの施術者が増え始めているので、
徐々にですが知名度も上がってくると思います。

ぼくの通ったGSIは、まだ日本でのトレーニングクラスを開講していないので、
GSIブランドで施術をしたい場合は渡米する必要がありますが、
RIは不定期ですがすでに日本でもクラスを開催しています。
「ロルファー」を名乗って施術をしたい場合は、RIに通う必要があります。
まあ、養成校は数あれど、どこもアイダ・ロルフ博士のレシピの下に、
ベーシック10を学ぶというところは変わりありません。

健康を考える時に、人間としての自然さを考えるのは大切なことです。
”自然”という言葉を使うこと自体、そして自然を意識せざるを得ない状況こそ不自然なんだ、
という意見もありますが、いまさら戻れないところまで文明は発展してしまっています。

中途半端な自然保護や環境啓蒙活動は、所詮起業のプロパガンダでしかないわけですが、
それに踊らされないためにも、自分の中を出来るだけ自然に保ちたいものです。
もちろんカラダだけでなく、はたまた食事だけでなく、生活習慣だけでもなく、
全てがバランスされ、調和された時に人は一番生きやすいのだと思います。

2011年の目標のなかに、ちょっと自分のことを考える時間、機会を取り入れてみませんか?

では、また。

あ、一応大晦日ということで、皆様、よいお年を。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest

ジャンクフード/薬物中毒/肥満

「慢性的に甘いもの、スナック等を欲しがる脳は薬物中毒と似た脳の状態。」

5人に1人は軽度のうつ症状を持つとまでいわれる現代、
その始まりが肥満や生活習慣、姿勢にもあることは周知の通りです。

肩こり・腰痛などの慢性的な痛みや、身体についての何かしらの不快感を解消したいとなると、
S.I.を利用して姿勢の改善をすることが大きく成果を上げます。
身体の設計図には、例えば猫背や内股は含まれていないので、
その状態で身体機能が滞りなく発揮されることはなく、
そのアンバランスの代償を強いられます。
それが様々な不快症状であり、
免疫力の低下や精神的な不安定感につながることもあるわけです。
ですが、身体をどう良い状態で維持していくかとなると、
やはり姿勢だけでなく運動・栄養・休養のバランスも大切です。

セッションの中でも、生活習慣や食事の話になることは度々あります。
もちろん私はそちらの専門家ではありませんが、様々目にする書籍やニュースと、
自分の身体で実践、体感していることはお話します。
そんな中で、意外と男性にも多い「甘党」、それも重度(?)の方に、
ドキッとする記事を見つけましたのでご紹介したいと思います。
「高脂肪食品は麻薬にも似た中毒症状で脳を冒す」(CNNより)

cake

フロリダのPaul J. Kenny博士(分子治療学)の研究だそうです。

高脂肪食品:いわゆるジャンクフードの類、ケーキやスナック、
揚げ物やファーストフードなどですね。
中毒症状が怖いのは、もっと欲しい、
という欲求のためにそのほかの感覚が麻痺していくことです。
脳がバランスを欠いた状態です。
ドーパミンの働き方が、制御できなくなるようです。
世の中には、何故?と思うような事件事故も多いわけですが、
正常であれば認識できる、いいこと、わるいこと、というような単純な平衡感覚すらも、
持ち得なくなるというのは本当に恐ろしいことです。

私はまだそこまでではない、とお思いのあなた!
徐々に進行するから、誰しも自覚症状ないままに戻れなくなるのですよ!
兎にも角にも、心身のリセットはストラクチュラル・インテグレーションから。
カラダの平衡感覚とココロの平衡感覚、その相関関係やいかに!?

 

では、また。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest