カテゴリー別アーカイブ: 身体構造

皮膚/ 第3の聴覚/ アルファ波

ストラクチュラル・インテグレーションの10セッションを受け始めると、第1セッションから身体の快適な感じを感覚していただける場合が多いのですが、ひとつは第1セッションが胸郭を中心に働きかけ、呼吸機能の改善がなされることで酸素摂取量も増え、バイタルエナジーが上がり身体が活性化されるからにほかなりません。

もう一つ、獲得できる快適さの要因として、まだまだ研究段階ですが面白そうのが、筋膜が整うことで、アルファ波を発生させる超音波を上手に受け取ることができるようになる、というものです。

アルファ波とは、脳波の一つで安静時に多く発生することからリラックス脳波といわれ、これは耳では聞こえない超音波によって増幅されることがわかっています。超音波は、耳で知覚はできないけれども自然の音の中には多く含まれ、なんとなくリラックスできるところ、海辺の潮騒や森林の葉音等自然の中の音には超音波が含まれています。

(そのおかげで、自然の音を聞くとアルファ波が出てリラックスできる、とそんなうたい文句のCD等も多く出ていますが、一般家庭にあるような音響機器では再生されていないそうです。)

通常の聴覚というのは、ご存じのとおり空気の振動が耳の穴を通り、やがて鼓膜に達してその振動を介して知覚します。それとは別な聞き方として、骨伝導、というのも聞いたことがあるかもしれませんが、字のごとく直接骨に振動を伝えることで聴覚器官に知覚させます。では、第3の聴覚とはどんなものでしょう。どうも他2つとは違って聴覚器官(蝸牛など)を介さずに聴覚野(脳内の音を認識するところ)へ届いているようなのですが、さまざま検証していくと、どうも皮膚で感じ取った微細な振動を伝えて聴覚野で音として処理されているのじゃないか、というのが今のところの有力な結果らしいです。

詳しい仕組みというか専門的な内容は大学の先生方にお任せするとして、皮膚で聞いてどう伝わっていくか、というと、どうも表層筋膜を伝わっているようなのです。その伝わり方も、膜の状態で左右されるようで、しわの少ない潤った状態の方が伝わり方がいいそうです。
筋膜はタンパク質の弾力性のある繊維で織られた布のようなもので、それが液体の基質に浸っている状態です。その布にしわがよったり、基質がゲル化(悪い状態)してどろどろになったりすると、超音波はうまく伝わらず、快適性と関係の深いアルファ波も出にくくなってしまうということです。

ダ・ヴィンチあたりも解剖をよくして、近代医学の発展はルネッサンスころから始まったといってもいいと思いますが、そこから永らくただの膜とか袋として相手にされなかった筋膜も、近年は急速に重要性を認められています。外科医や理学療法士も筋膜を無視して既存の方法に胡坐をかいていられなくなってきています。ストラクチュラル・インテグレーションの10回のプログラムも素晴らしいですが、何よりヒトの本質に近づく新しい道を示したアイダ・ロルフ博士の洞察力・先見性が素晴らしいですね!

 

では、また。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest

ハイヒール/姿勢/変形

女性のクライアントさんには、必ずお話しすることなのですが、
ハイヒールを長時間履かないこと、パンプスも必要なときだけ、ということです。
理由は単純明快、人のカラダはそれらを履くようにはできていないからです。

いや、普通に苦もなく履けますよ、という声も返ってきそうですが、
もう少し言うと、身体はかかとを高くして姿勢を保つようにはできていない、のです。

イギリスの大学での、5センチ以上のヒールを日常的に履く人を調査したデータを
見たことがありますが、常に短縮しているふくらはぎの筋繊維が通常の13%も短かく、
アキレス腱は肥厚になっていたそうです。

カラダにとっては決して楽ではない姿勢でも、常にその姿勢を続けていると、
カラダはその姿勢を維持するために健気に努力します。働きます。
このケースでいくと、長い筋繊維を常に収縮させておくのは大変だから、
新陳代謝の中で繊維を短く作り変えてきたということです。
もちろん筋膜も相当萎縮しているでしょうね。

ハイヒールを履くことで受ける身体への影響は、当然これだけではありません。
たとえば、ひざ、腰、背中にも常に負担を強いられますし(腰痛、肩こりに)、
足指は鋭角なつま先に押し付けられますので、
外反母趾、ハンマー足指や腱膜瘤を患うこともあります。

できるだけ足の形、動きを邪魔しないシューズを履くのが一番ですが、
どうしても必要なときは、現場についてから履き替えるとか、工夫したいものです。
ハイヒールが立ち姿を美しく見せるのも確かですが、
姿勢や身体は、悪くなることはあっても良くなることはないということです。

もちろん、男性のビジネスシューズについても同じことですよ。

施術をしていても、硬い革靴、かかとの高い靴、サイズの合わない靴、先の細い靴、
足型と大きく違う靴等を履いている方の足は、足全体がひとつの塊のようになっていて、
足としての機能を失っています。さも窮屈そうです。

近頃はシューフィッターさんが増え、カスタムインソールを作ってくれるお店も増えましたが、
あくまで臨時の対処でしかなく、インソールでの痛みや変形への対応は
根本的な解決ではありません。
良識ある技工士さんは、そのあたりきちんと教えてくれますけれどもね。

ちなみにぼくはと言いますと、
幸い革靴などはフォーマルを着る機会くらいにしか履く必要はないので、
日常は冬スニーカー、夏サンダルです。
しかもペラペラフニャフニャの、とっても楽ちんな武術シューズばかり履きます。
コンバースすら、ぼくには不快;-)

では、また

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest

地についた足、浮き足立ってない?

豊田市のスタジオG’flowでのワークショップが終わりました。

今回のテーマは「軸」ということで、
それをどう感覚していくかをブログで伝えるのはなかなか難しいものです。
ただ、大前提として、しっかりと地についた足で立てなくては、
その上に載る身体にどんな軸もつくりようがありません。
はい、そこで足です。ご覧ください。心ゆくまで。

じっくりとご覧頂いたら、次は自分の足を眺めてみましょう。
どうですか?  その中に、図と同じように骨が入っていますか?
骨を見ると、外見よりずっと指が長いですよね。
足と手を比べると、手のほうがずっと自由に動きますが、
骨の数はほとんど変わらないんです。
足(足首から下)は小さな骨まで含めると、28個の骨で成り立っています。

現代生活では、日常的に靴下を履き、靴を履き、
足全体を一塊に捉えて使ってしまいがちですが、もっとイキイキと、
足に自由度を与えてあげましょう。
しっかりと大地をつかみ、身体の重さをしっかりと受けて足裏全体で立つことが、
安定感のある軸を作る第一歩です。

全体といっても、ポイントとして「拇指球」「小指球」「踵」の3点が大切です。
ワークショップでは、もう少し細かな説明もするのですが、
足の意識を変えるというほんの些細なことで、立ち方が激変!
参加された方もびっくりしていました。
新しい自分の身体、バランスのとり方を手に入れたみたいです。
とっても楽しいですね、こういうの。

 

では、また。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest