カテゴリー別アーカイブ: SI的誇大解釈

北風と太陽~内側からの変化~

イソップ童話の「北風と太陽」、憶えていますか?
外から力を加えるか、内から変えていくか。
機能的で美しい身体を手に入れるならば、表面の問題にそのつど対処するのではなく、
やはり内側からじっくり変化するほうが最終的には早いのです。

北風と太陽が力くらべをします。
旅人のコートを早く脱がせたほうが勝ち。
北風は、そんなのへっちゃらと、強風で吹き飛ばそうとします。
しかし旅人は、寒さに加えて強風で飛ばされまいとぎゅっとつかみます。
吹き疲れた北風に代わり、太陽は少しずつ旅人を照らします。
暖かくなり、次第に暑くなり、旅人はコートを脱ぎます。

身体の慢性症状(肩こり腰痛・・・)に悩む人は多くいます。
しかしその痛みや不快感は、あくまで結果であって、
それを取り除くことが問題の解決になることは稀です。
それを引き起こした”原因”の解消に努めるべきだと思うのです。

西洋医学では、痛みが筋肉の炎症であるとわかると、
痛みの原因である炎症を解決しようとしてきました。
(市販の消炎剤のCMも良く見かけますね。)
しかし本当の原因は、なぜ炎症が起きたか、にあるわけです。
多くは、その人の姿勢や身体の使い方にあるわけですが、
じわりと進行する慢性症状のようにその人がそれに気がついていないと、
今有る痛みを取り除いても、当然のように再発します。

さて、イソップ童話をS.I.的に(強引に?)解釈すると、
北風のしようとしたそれは、表面的な問題の解決に外から強制的な力を使い、
かえって複雑にしてしまうという結果を生み、
太陽は、じっくりと問題の本質に向き合うことで、
内側からの真の変化をつくったと理解できます。

身体を出来るだけ自然な状態(姿勢、動き、習慣など)に保つこと。
あらゆる問題の根源が、そこには隠れています。

ストラクチュラル・インテグレーションは、
人としての理想的な成熟へ向けた道しるべでもあります。

 

では、また。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest

健康ですか?

当たり前ですが、いろいろな健康があります。
人それぞれ、自分なりの健康像?があると思います。

今、自分は健康だと思っている人。
その中でも、病気でないから健康だ、トレーニングしているから健康だ、
食事や生活習慣に気を配っているから健康だ、と、さまざまだと思います。

今、健康でないと思っている人。
アレルギー持ちなんです、身体が疲れやすいんです、
肩こり・腰痛持ちなんです、という人は、それがなくなれば健康でしょうか?
さまざま、ご意見あるかと思いますが、一応、世界基準の健康の定義があります。

それを定めているのがこちらの機関↓↓↓

勝手にロゴを使っていいのでしょうか?
世界保健機関(World Health Organization:WHO)です。
せめての償いにリンクしてありますので、WHOのwebpageご覧になってください。ははは。

その健康の定義とは、WHO憲章の序文にあります:

「完全な肉体的、精神的及び社会的福祉の状態であり、
単に疾病又は病弱の存在しないことではない。」

と、されています。
コンパクトに、さまざまなことを盛り込んでありますね。

ぼくは、ひとつの定義として、また指標としてとても優れた一文だと思います。
健康というのは、不調の数や度合いで計るものであるべきではありませんし、
また、肉体、精神、社会的福祉というのは、独りよがりな、
自分だけの問題としては解決できません。
人、仕事、社会、さまざまなモノ、コトが複雑に関係してきます。
ただ、第一歩として、自分に出来ることがあるのも事実です。
社会的な福祉というのは、当然精神が健全でなければ出来ません。
精神が健全であるためには、肉体が健全でなければなりません。
慢性痛から絶えず精神的なストレスを受けていては、
なかなか健全な精神ではいられません。

少し短絡的な解釈ではありますが、身体的な健康は、全ての基礎となりうるのです。
Structural Integration
を体験して、自由で軽く、イキイキとした身体を手に入れてください。
人生を、少し先へ進ませてみたくなります。

 

では、また。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest