ロルフ博士著書「Gravity」/ 60年代

ロルフ博士が50年も前に記した「Gravity」という論文の邦訳本をご紹介します。

Structural Integration [Gravity]
ストラクチュラル・インテグレーション「グラビティ」 

“An unexplored factor in a more human use of heman being”
人のより人らしい機能の中で ほとんど知られていないある要素 

 

このロルフ博士の文章は、1963年に米国内で発行されたあるジャーナルに掲載された論文で、重力が与えるエネルギー、ストラクチュラル・インテグレーションの発明などについて記されています。

内容:

  1. 外の世界は内の世界の投影である
  2. 何が人を「全体」にするのか
  3. 重力が人にエネルギーを与えている
  4. ロルフ博士のある包括的なテクニック
    (原文 A5 20ページ、訳本 A5 54ページ)

サブタイトルと項目だけでボディワーカーにとってはとても魅力ある響きが並んでいるわけですが(笑)、実際に内容も示唆に富んだ読み応えのある冊子です。
いかんせん、直訳なので、英語的な表現になれなかったり、時代背景などに疎い場合は、いくらか読みにくい部分もありますが、自分の中の引き出しをフル活用し知識と想像力を発揮し、じっくりと文字を拾っていくことで、とても満足な読書体験が得られます。

書いてみると、なんだか、えらくハードルが高いな(笑)。

ちょいと、翻訳者のコメントも入れておきます:

翻訳者佐藤はこの冊子を聴講生であった数年前に手にし、昨年の震災を機に翻訳を始めました。地球に所属する私たち人類に重力が与えるエネルギーについて理解し、クライアント様へ安定した施術を提供し続けるうえで大きな助けになりました。クライアント様やこれからストラクチュラル・インテグレーションを学ばれる方に読んでいただけたらと思っております。
現在、博士の著書の著作権はすべて米国RIにあります。私の著作権リリースリクエストは残念ながら許可されませんでした。そこで、非公式な翻訳ではありますが、ご興味のある方にお譲りするという方法を選択致しました。
お問合せお待ちしております。
(問合せ先:sibook@rolfbal.com)

アメリカの60年代というと、ロルフ博士のような女性科学者はまだまだ珍しく、ベビーブーマーが社会を担う世代へと成長してきたころで、 脱社会的なヒッピーやフラワーチルドレンがいたりベトナム反戦運動や学園闘争(これらは世界的に連鎖し、日本でも学生闘争時代になりましたね)が起こる時代でした。

そしてロルフィングもその一翼を担ったエサレンを中心とする「ヒューマンポテンシャル・ムーブメント(人間の潜在性開発運動)」、そのほかホリスティック・ヘルス、ニューエイジ、ニューサイエンス、エコロジー、スピリチュアリティなどが台頭してくる時代の転換期となり、今でも、60年代以前/60年代以降という言い方をされます。

冊子の内容に戻りますが、アイダ・ロルフ博士は、自身の生化学者としてのバックボーンと、旺盛な探究心と洞察力をもって、ストラクチュラル・インテグレーションを体系づけてくれました。ロルフィングがとても効果的なボディワークであることは間違いないのですが、彼女にとってのロルフィングはあくまで一つの手段にすぎず、見据えていたのは成熟した社会、無駄な争いのない世界だったのだろうと読み取れる内容です。

ロルフィングを学ぶ人はもちろん、施術を受けている、受けようとしている人にも価値のある内容です。もちろん、ロルフィング以外のボディワーカーや、はたまた今は身体に対して興味を持っていない方も、なんだか閉塞感を感じるというか行き詰ってしまっている人でも、ヒントを得られる内容だと思います。自分も、社会も、まだまだ変われる、良くなるぞ、って思える幸せな感じです(笑)。

 

さて、佐藤さんのコメントにもありますがこの小冊子は著作権リリースがかなわず、残念ながら正式に販売することはできません。あくまで、ライフワークとしての翻訳をシェアするという形で、頒布価格(印刷製本手数料)として500円でお譲りしています。配送はメール便(80円)で可能です。ご希望の方は上記にある翻訳者佐藤さんまでお問い合わせください。ただし、佐藤さんは2013年3月中旬までは渡米中ですので、その後の対応になると思います。お急ぎの方はウチにも多少在庫がありますので、対応させていただくことは可能です。

たくさんの方にアイダ・ロルフ博士の言葉が届くとうれしいです。

 

では、また。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>