タグ別アーカイブ: 痛み止め

膝関節痛/ 痛み止めの功罪/ 手術

ここのところ膝が痛いという中高年の方に立て続けに相談されて、ロルフィングはもとよりそのほかの方法でも何とでもなりますよ、とお話しました。歳をとってくるとそこかしこが順番に痛くなってきてもしょうがないと思っている方がほとんどのようです。そんなことはないのですけれどもね。ある程度の年齢になると、同窓会は持病・病歴自慢大会になるらしいですけれども、ピンピンしている人だっているでしょう。

必ずお話しするのは、安易な鎮痛剤や手術は避けたほうがいいですよ、ということなのですが、ちょうどタイムリーな記事を見つけたので紹介しておきます。
膝痛で画像診断されると半月板がささくれている様な経年磨耗とされる状態(変形性膝関節症のひとつ)がよく見つかり、

「これが原因ですね、手術しましょう。」

なんてことになったりするようですが、最新の研究では半月板損傷の内視鏡手術はあまり価値のない手術であることがわかってきていて、アメリカの有力紙 NewYorkTimesでも取り上げられています。

下図はすねの骨の上面です。
左右にくるりと上弦、下弦の月みたいに乗っているのが半月板です。
meniscus
研究が示唆する膝関節手術の限られた成果-NYT紙

(英語のサイトですが、ブラウザの翻訳機能をポチっとすると何とか意味の取れる位には翻訳されますので試してみてください。)

このような手術がアメリカでは年間70万件! 医療費にして400億円!
日本の数字は見つかりませんでしたが、きっとそれなりの数字でしょう。アメリカはまだしも、日本は皆保険でまかなわれるので国家財政の大きな負担ですね。大きく切開しなくてもできる関節鏡手術が一般的になり、変な言い方ですが”手軽な手術”になったのもひとつの要因ではある様子。しかしながら、本当に必要とされている手術は全体の20%程度、と医師も認めています。
痛みがあればストレスになりますし生活もしにくいですから、「簡単な手術で痛みはなくなりますよ、低減しますよ。」といわれれば、「はい、おねがいします。」となりかねませんが、その後の人生へのリスクも大きいですから、切迫した状況でないならばほかに手立てはないものか(実際いくらでもありますから)、探してみてください。

手術がよくないからといっても更なる最悪のケースは、切るのはイヤだけれども痛いのもイヤだから、とりあえず痛み止めだけください、というやつです。行く末は、修正不可能になり人工関節です。痛くなる原因をそのままに、誤魔化しながら使っていけば患部・症状は悪化するのみです。言わずもがな、痛み止めのおかげで痛くないという状態は、治っているのではありません。術後の身体各部への影響もさることながら、人工関節は劣化しますのでいずれまた置換手術、もう一生病院から逃れられません。
膝に限らず肩こりだろうと腰痛だろうと慢性症状に対して鎮痛剤を有効に使うということは、必要な施術、治療や理学療法・運動療法が痛みを緩和させることで効率よく進みより良い結果が得られる、より早く改善できるなど、明確な利用方針がある場合ということです。
痛くて寝られないとか、歩くのもままならない等に対して緊急措置としての利用もありますが、その後どうするかはきちんと決めておくべきです。それほどひどい場合でも、手術を必要としないケースはあります。
まあ、最近はいろいろ提案してくださる医師をさえぎって「いつもの(痛み止め)ください。」というモンスタークライアントなる方もいるようですので、それはもう自業自得ですね。

話をもどしまして、上にリンクした論文で検証されたことのひとつに、実際に手術をした方と擬似手術をした方を経過観察し、一年後に大きな差はなかったと、というのがあります。そして、手術ではなく理学療法のほうが大きな成果すらあったということです。
大事なのは、手術してもしなくてもおんなじなんだね、というところではなく、理学療法の効果が大きい、というところです。つまりはリハビリテーションがうまくいくと改善されるということで、その人は動作を改善する必要があり、言い方を変えればその人の動き方が関節に負担をかけていて、とどのつまりその痛みは自分で作っていたということです。

ロルフィングのベーシック10セッションでは、動きを改善していくことも大きな要素のひとつです。知らないうちに身に着けてしまった負担のかかる身体の使い方を認識し、正しい動きを学ぶ。これは大切なことです。

ということで(どういうことで?)、自宅でもできるセルフケアの方法なんかも書こうかと思ったのですが、ぼちぼち疲れてきたので(!)、外来受診マニュアルでも書いて締めることにします。どこか痛み出して病院を訪ねるならば、まずはしっかりと(自助努力含め)改善の意思があることを伝えて、診断処方を受けると良いですが、先方からの対応例を挙げると、

  1. 画像診断、触診、動作検証の上、リハビリ併用の治療方針で経過を見る。
    ⇒標準的な対応かと思います。
    しかし3週間しても変化・改善がないならば、医師の指示が悪いか理学療法士・作業療法士の技量が伴っていないことが考えられるので転院をお勧めします。
  2. たいした説明もなしに手術や鎮痛剤の使用を進められる。ただシップを出されるだけ、とか。
    ⇒きちんとした説明を求めてください。めんどくさそうにされたり明確でないならば、金づるにされそうですので、他をあたるか最低でもセカンドオピニオンを求める。
  3. どうにも納得できないので、大塚さんに相談する。
    ⇒最善策です。(ホントか?)

強引なオチをつけてみましたが、上記1・2、これは両極端で、実際はこれらの中間な感じでしょうけれども、参考までに。

セルフケアの方法なんかも、きっとまた書きます。

 

では、また。

 

++++++++++++++++++++
Structural Integration
GSI公認プラクティショナー
大塚 由洋

otsuka@yoshihiro-otsuka.com
www.yoshihiro-otsuka.com
愛知県安城市住吉町6-1-2
TEL/FAX 0566-96-0478
++++++++++++++++++++

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest